ホーム > 製品紹介 > セラミック気孔制御用マイクロカプセル

このページのPDFを印刷

  • MRシート
  • ビジュアルシート
  • 香料カプセル
  • 可食型マイクロカプセル
  • 感温液晶カプセル
  • 感温染料カプセル
  • フォトクロミックマイクロカプセル
  • 接着剤カプセル
  • 相変化物質マイクロカプセル
  • セラミック気孔制御用マイクロカプセル
  • 特殊印刷

製品紹介

セラミック気孔制御用マイクロカプセル

概要

「研削・研磨砥石(セラミック)」は
(1)砥粒(2)結合剤(3)気孔の3要素で構成されています。
砥粒が細かなセラミックは気孔も小さく高密度で高強度、
加工精度も高くなります。
しかし気孔数が少ないため、目詰まりを起こしやすいのが難点です。

 一方、密度が低い(粗い)砥粒が大粒のセラミックは、
粒同士の結合面積が小さいため気孔が大きくなり、
強度が低く、加工精度は低下します。しかし大きな気孔は目詰まりしにくく、
加工効率で利点があります。

 したがって、加工精度と加工効率を両立したセラミックを実現するカギは
「気孔」のコントロールにあり、
マイクロカプセル化した気孔材がこれを可能にします。

メカニズム

 熱硬化性樹脂を芯物質に、天然親水性ポリマーを皮膜剤に用いた
「カプセル気孔材」を砥粒と混ぜて成形します。
これを300〜400℃で燃焼するとカプセルは気化し、セラミック内部に気孔をつくります。

 カプセル気孔材の粒径、添加量を加減することで、気孔のサイズ、
単位面積あたりの数をコントロールでき製品のスペックを決定できます。

主な用途/製品

セラミックを使用した精密砥石に均一な気孔を設けるため。
・精密砥石

PAGETOP